ホーム お菓子づくり 「人」伝統の技と創意

「人」

伝統の技と創意で 新しい和菓子を

和菓子は、その 長い長い歴史のなかで 時代ごとの匠たちが、 技術と創意のすべてをかけて作り上げてきた 日本文化の結晶です。 素材がもつ奥深い味を引き出すために、 また、極上の美を創り出すために、 研ぎ澄まされた技の数々。 私たちは、先人からその熟練の技を 大切に受け継いできました。 手仕事にしかできない技をつくし、 心をこめて大切に、 ひとつひとつ和菓子をつくっています。 もうひとつ受け継いだ大切なもの。 それは、時代にあわせた新しい和菓子を 創り出していく「こころざし」です。 和菓子の起源を辿り 現代の感性を吹き込んで生み出した 「果実菓子」はその代表格。 “人と人との橋渡しとなるような よろこびのある新しい和菓子を__。” そんな想いを胸に、 宗家 源 吉兆庵の職人は、 日々 技と心を磨いています。