源 吉兆庵
企画展・イベント
前のページに戻る
2018.07.30
【岡山・吉兆庵美術館】お菓子でつくる 世界の花と鳥と昆虫展
会  場:岡山・吉兆庵美術館
会  期:平成30年8月13日(月)〜26日(日)
休館日:会期中なし
時  間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
ギャラリートーク:8月17日(金)午後2時〜
後 援:岡山県教育委員会・岡山市教育委員会・岡山県郷土文化財団
入館料:大人400円、高校生以下無料
 赤、緑、青の羽が美しく折り重なる南米のインコ、ベニコンゴウインコ。熱帯雨林に生息しながらも黄色のくちばしが日本でも馴染み深いキツツキの仲間、オオハシ。深紅色の羽でハワイの伝統衣装を彩ってきた、ベニハワイミツスイ。蘭の花そっくりに擬態する東南アジアの美しい殺し屋、ハナカマキリ。これらの動き出しそうな生き物たちはお菓子の材料を使って作られています。
 花や鳥など、自然の風景をお菓子の材料で優雅に表現した、見て楽しめるお菓子のことを工芸菓子といい、主に白あんや砂糖、米粉などを使って作られます。
 源 吉兆庵では、一年を通して工芸菓子を制作し、昨年11月にはハワイ・アラモアナショッピングセンターにある源 吉兆庵の店内で、工芸菓子を展示し現地のお客様にお楽しみいただきました。この展示をきっかけに、日本国内の生き物だけでなく、ハワイを中心とした南国の花や生き物も広くご紹介したいという想いから今回の展示とさせていただきました。菓子職人が作り上げた南国の鮮やかな世界をお楽しみください。

画像:上)ベニコンゴウインコとオオハシ

左下)デンファレとハナカマキリ

中下)ハナミズキとハクセキレイ

右下)ブルマイスターツヤクワガタとヘラクレスオオカブト