news_header
2013.08.15
台北から七夕情人節について
恋人の記念日 台湾のバレンタインデー
こんにちは。台北に駐在している香川です。今回は台湾から七夕情人節を紹介します。

台湾の七夕は旧暦の7月7日(2013年は8月13日)で、「七夕情人節(チャイニーズバレンタインデー)」とも呼ばれ、恋人の為の日とされています。

台湾では七夕は「七娘媽(織姫)」の誕生日とされ、「七娘媽」は、子供の守り神であり、「床母」は幼児の守り神です。七夕には「床母」を祀る風習があり、幼児のいる家庭では、七夕の夜に「床母」に祈り、「紙銭(紙幣を模した礼拝の際に燃やす冥銭)」の「四方銭」と、「床母衣」を燃やします。

七夕情人節のイベントして縁結びの神様として知られる月下老人を祀ることや、恋人同士で龍山寺を訪れ、恋の成就を祈願するカップルもこの時期には多くみられます。

また、台北市で花火大会も行われますので、その様子は写真でご覧ください。七夕情人節にちなみ、ハート形の花火も打ち上げられていました。
海外店舗はこちら