ホーム お知らせ一覧 美術館情報
news_header
2015.08.06
岡山・吉兆庵美術館「絵付け体験教室」を開催しました
夏の思い出の1枚。
好きな絵柄、自由な発想・・・様々な作品がうまれました!
7月31日から8月2日の3日間、「北大路魯山人展−美食の世界−」にて器を展示している北大路魯山人にちなみ、器の絵付け体験を開催いたしました。

夏休みということもあり、お子様から大人まで幅広い方々が参加されました。
絵付けが初めての方にも楽しんでいただける様にと、講師として陶芸家 福西 雅之先生をお招きしました。

初めに絵付けのポイントなどを福西先生にお話いただき、実際に1枚描いていただいたのですが、みんな興味津々。

ひととおり先生のお話をいただいた後、絵付けを始めました。
思い思いの絵柄を下書きして、絵筆で描いていくのですが、皆さん最初の一筆がとても緊張された様です。
描き始めるとどんどん筆が進んで、1時間も経たない内にほとんどの方が仕上げられていました。

描き終えた作品は一度お預かりして、福西先生の窯で焼成していただきます。

今回の絵付けには、呉須(ごす)という彩料を使用しました。
呉須は、焼成前には灰色がかった青色をしているのですが、焼成後には美しい藍青色に発色するため、絵付け直後には無かった美しさが出てきます。

出来上がりが今から楽しみですね。