ホーム お知らせ一覧 美術館情報
news_header
2016.07.04
【鎌倉・吉兆庵美術館】「北大路魯山人展-名言とともに探る魯山人美学-」
会  場:鎌倉・吉兆庵美術館
会  期:平成28年7月9日(土)〜平成28年10月2日(日)
休 館 日:8月1日(月)、15日(月)、9月5日(月)
時  間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
 書道家、篆刻家、料理人、陶芸家として類稀なる才能を発揮させた北大路魯山人。師を持たず、自身が追及する美学を表現し続け、書や陶芸の世界で数多くの芸術作品を生み出しました。また、その美意識の範囲は作品だけにとどまらず、自身が運営した高級料亭「星岡茶寮」の客室の設えや接客指導まで、魯山人自らインテリアをデザインし、教育にも携わったといいます。
 こうして、人々と接する中で生まれた魯山人の言葉には、一見斬新なようで言葉の裏側を探るとおもてなしの心や自然美を理解する上で必要な感性を表しています。
 今回は、魯山人が追及してきた美学を名言と共にご紹介し、その人物像を探ります。

※展示について詳しくは下記PDFにてご覧ください。

◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇

写真上:北大路魯山人(画像提供:平野雅章氏)

写真下段左:「雲錦大鉢」

写真下段中央:「織部風御ふぎ鉢」

写真下段右:「染付楓葉向付」

PDFボタン