news_header
2012.12.04
クリスマスイルミネーション
ニューヨークに輝く冬の風物詩!
みなさん、こんにちは。
ニューヨーク駐在員の渡邉です。今回はニューヨークの冬の風物詩、クリスマスイルミネーションをご案内したいと思います。

さて、右上の写真はニューヨークで一番有名な、ロックフェラーセンターのクリスマスツリーです。毎年点灯式が行われますが、2012年は11月28日に点灯式が行われました。80周年を迎える今年のツリーは、ハリケーン「サンディ」に耐えた樹齢80年の木が選ばれ、高さは約24メートル、重さ10トンという巨大なクリスマスツリーになりました。ツリーの先端に飾られる星「スワロフスキー・スター」は2万5000個のクリスタルで出来ています。

【左下】ブライアントパーク:「Citi Pond(シティーポンド)」でもクリスマスツリーの点灯式が行われ、中心にあるスケートリンクは多くの人でにぎわっています。

【中央下】6番街:有名なラジオシティミュージックホールにも大きなツリーが出現。

【右下】サックス・フィフス・アベニュー:イルミネーション開始まで時計でカウントダウンが始まり、デパートの建物に様々な動画のイルミネーションが音楽とともに映し出されます。最後は「Happy Holiday」の文字で終わります。ロックフェラーセンターのツリーとこのイルミネーションは同時に楽しむことができます。

これ以外にも、ニューヨークでは街全体がクリスマスムード一色に染まっています。クリスマスシーズンのニューヨークへお越しの際は、クリスマスツリーやスケートリンクめぐりもお楽しみください。